理想のネイリストとは?

一流のネイリストと聞くと、どんなことを思い浮かべますか?
ネイリストは接客業の要素も持っているので、何よりも大事なのはお客様が理想とするネイリストであるかどうかということです。

ネイルサロンに来店するお客様にとっては、上手で仕上がりがきれい、爪のケアもしっかりとしてくれる、ネイルや爪の健康などに関する情報も豊富に持っている、というネイリストが理想です。
そのようなスタッフは知識も技術も高度で、経験も豊富なケースが多いもの。
お店でも、そういったスタッフを募集することも多いです。

それでは、未経験では就職できないのでしょうか?
そのようなことはありません。誰もが最初は未経験です。
ネイルサロンの中には経験がなくても大丈夫、という店舗も少なくありません。
経験がなくても自信を持って応募しましょう。

そうはいっても多くの店舗は経験が豊富なスタッフの方が即戦力になりますし、経験者を優遇していることも多いです。
そのような中、経験がない場合はやる気を伝えることが必要です。
学んできた内容やどのようにそれを生かすことができるか、どのようなネイリストとして仕事をしていきたいか、などをしっかりと伝えることが大事です。
3年、5年、10年と長期的に見てどのように成長していきたいかを具体的に考えられていると、なお好印象を与えることができるでしょう。

 

質の高いサロンを選ぶ

また、経験がない場合、就職先は自分のスキルを磨ける、質の高いサロンを選ぶことも大事です。

さまざまな経験がないということは、最初はいろいろなことを吸収できるということです。
その時期には、きちんとした施術スキルや接客の勉強になるサロンを選ぶといいでしょう。
一般的に、最初の職場で教わったことは、その後のキャリアやスキルにも大きな影響を与えるものです。
ネイリストとしてのファーストキャリアを選ぶ際は、質の低いネイルサロンはできるだけ避けたいところ。

さらに、ネイリストの求人内容をしっかり確認して、最初はどのような仕事をするのか、学びながら仕事ができる環境なのか、といった点も確認して応募することをお勧めします。